読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KotonohaKonoha123’s diary

ムサシが、「いま感じている事」を想いのままにゆるりと綴るブログ。どうぞまったり気軽にお読みください。

文章を書くことの楽しさ

◎新復興大

今村前大臣の辞任に伴い、本日4/26を以て吉野正芳氏が新しい復興大臣に就任しました。吉野氏は東日本大震災の主な被災地である福島県出身の議員であり、当選6回のベテランにも関わらず1度も大臣の経験が無いという少し変わった(?)経歴の持ち主です。

昨日のブログにおいて幼稚な記者に対する不満をぶちまけましたが、前大臣は例の記者会見の後のパーティーにて「震災が東北でまだ良かった」旨の発言をし、すぐさま辞任(事実上の更迭)に追い込まれました。これに関しては流石に今村氏を庇うことはできない…自分で自分の首絞めてどうすんの、って感じです。

そんな中での福島出身の吉野氏起用がどのような効果をもたらすのか、注意深く見ていきたいと思います。僕自身は東北に縁はないのでこんな事を言える資格はありませんが、吉野氏には福島、いや東北代表として<国民大臣>になってもらいたいです。

 

※追記:この人事に関してまたケチをつけている人達がいますが、あらゆる決定にいちいち批判してどうするの…。

 

 

◎文章は楽しい

「文字数を気にせず、文章を綴りたい」「思いの丈を言葉にしたい」と思い立って始めたこのブログ。FacebookTwitterとは違い、読み物として自分の気持ちを文字に起こせるところが魅力的だと思います。文章の構想を練ったり、実際にスマホのキーボードを触って記事を作成していったり…一連の作業は本当に楽しく、何だか夢があるなぁと思ってしまいます。

確かに必ずしも言葉で書いた事が自分の想像通りのニュアンスで万人に伝わるとは限りません。受け手の思想もそれぞれですから、誰かしらと考えに相違がある事は充分に有り得ます。しかしながら、やはり<文章>無くして人間は人間たり得ないと思うのです。

己の感ずるところを文字にする。それは多くの利点を持つ反面あらゆるリスクも孕んでいるけれども、日本のどこかで誰か1人だけでも共鳴してくれるはず。そう信じて昨日からブログを始めたし、これからも信じていきたいと思います。

 

 

ムサシ